« お知らせや納車自転車、SIDIシューズ | トップページ | PayPayポイント最大30%戻ってくるキャンペーン 10/1(土)から始まります! »

2022年9月24日 (土)

ビットリア CORSA N.EXT TLR 26C タイヤインプレッション

ビットリアから新しく発売されたコルサ・ネクスト TLR 26C 285gを7月末に店長バイクに取り付けてから600㎞を走行しました。
ホイールはシマノWH-9270 C50 を使用。以前のタイヤはハッチンソン フィージョン5 パフォーマンス25Cでした。

クリンチャー専用のホイールの時はビットリア コルサの大ファンで、所有するマイバイクのほとんどにこのタイヤを装着していました。
マビックのUSTやチューブレスレディ対応のホイールを使用するようになってからは、ビットリア コルサTLRはタイヤ装着時にビートが上がりにくく感じてビットリアは使わなくなりました。
今回もタイヤ装着時に特にこの点を心配をしていましたが、しっかりとしたビートがリムをとらえてくれて簡単にタイヤがホイールにはまりました。

Img_6339 Img_6338

使用してみるとコルサでも採用されている縦溝が路面抵抗を軽減して走り出しから軽い感じ。
ややウエットな路面であえてブレーキをしてみましたがコケもある路面でしたので意外と滑りました。
今までのナイロンケーシングは固いイメージですが石畳みの路面でも振動を吸収してくれてストレスなく走れました。

Img_6345 Img_6404

定番コースの峠の下りでは空気圧をフロント6.5気圧 リヤ6.6で攻めましたが
アンダーステア気味で外側にふくらむ傾向がありました。
これはタイヤの空気圧を0.5気圧ほどあげて解消。タイヤサイドの強度や縦溝が影響しているのか?
いずれにしても今まで使用していたハチンソン フィージョン5よりやや高めの空気圧が良さそう。

今回はチューブレスレディ税込定価8,999の円のテストでしたが、同タイヤのクリンチャー26C 税込定価7,999円で重量200gと軽量になるタイヤも面白そうです。

ビットリア→Vittoria(ヴィットリア)Bicycle Tires 次世代タイヤ『CORSA N.EXT(コルサ・ネクスト)』誕生! (vittoriajapan.co.jp)

このインプレは私個人の感想で、タイヤを使用される方によって印象が異なる場合はご容赦下さい。

« お知らせや納車自転車、SIDIシューズ | トップページ | PayPayポイント最大30%戻ってくるキャンペーン 10/1(土)から始まります! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お知らせや納車自転車、SIDIシューズ | トップページ | PayPayポイント最大30%戻ってくるキャンペーン 10/1(土)から始まります! »